3秒以内あるあるゲーム

俊敏性と創造力を駆使せよ

 

対象年齢 14才~
人数 2~6人
所要時間 10分
ゲームの方式 1vs複数人
3秒以内にあるあるを言えなかったら負け。
 

ゲームの遊び方

  1. 誰かを指さして、お題を指定する。(例:大学生)
  2. 指をさされた人は、お題に対してのあるあるを3秒以内に答える。(例:配られたプリントをレジュメと言う。)
  3. あるあるを思いつかなかったり、過半数以上の人に共感されなかったら負け。

 

基本ルール

〇罰ゲームを用意すると効果的

スリル感が増して、より面白くなる。

〇お題を出す側も、ちゃんと考えよう。

お題がおもしろくないと、あるあるもおもしろくない。    

 

 

おもしろさ 4.0
ミラクル発生率 5.0
アレンジの柔軟性 4.0
総合 4.5